スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開発のための下準備@Day2

ということでandroidアプリ開発をすることにしたわけですが、なにをすればいいのか全くわからない;;


まずはGoogle先生に聞こうということでいくつか参考サイトを見つけました
素人のアンドロイドアプリ開発日記
世界を目指せ!Androidアプリ開発入門


僕はだいたいこの2つを見ながらだいたいの準備を終わらせました
いちおうメモ書き程度に自分のやった手順を書いておこうと思います


1.まずandroidアプリの開発には大きく3つのものが必要です
Java Development Kit, Eclipse, Android SDKの3つです
アプリ開発をしようって思ってる人は多分、ソフトのインストールなどの作業には慣れてると思うので、
細かいところははぶいていきます


2.はじめにJava Development KitをDLしてインストールします
これはアプリ開発のためのJAVAというプログラミング言語を使えるようにするためのものです
最新版はJDK7でした
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk-7u3-download-1501626.html
僕のPCはwindows7 64bitなのでwindows x64をインストール


3.次にEclipseです
これは、実際にプログラミングをするためのソフトです
Eclipse IDE for Java DevelopersをDLします
http://www.eclipse.org/downloads/
DLしたZipファイルを解凍すればそのまま使えます
回答したファイルをCドライブなどわかりやすいところに移しておくといいです


4.最後にAndroid SDKのインストールです
Android Developerというandroid公式HPからDLできます
http://developer.android.com/intl/ja/sdk/index.html
windowsのRecommended(おすすめという意味)と書かれている
インストーラーの方をDLしてインストールするといいと思います
画面の指示に従えばManegerが起動すると思うので、チェックの入ったものをインストールしておきます
結構時間かかりました;;


5.Eclipseを起動してADTプラグインをいれます
eclipse.exeを起動します
上のタブの[Help]のなかの[install new software]をおして
Work withのあとの□にhttps://dl-ssl.google.com/android/eclipse/をコピペしてAdd
nameは適当にandroid pluginにしました
待ってると真ん中の大きな資格の中にToolが出てくるので選択してNext
あとは画面のままに進んでいきます
これでADTプラグインははいりました


あとちょっとです
自分でも書いてて辛くなってきました(笑)


6.EclipseにSDKを登録します
さっきEclipseをRestartしたと思うので、そのまま上のタブの[Window]のなかの[Preference]を開いて、
[Android]のなかの[SDK Location]を先ほどインストールしたSDKの場所に設定します


7.これで最後です エミュレーターを起動して終わります
同じように上のタブの[Window]のなかの[AVD Manager]を開いて[New]から新しいエミュレーターをつくります
あとはnameをAndroid4.0などスペースを含まない名前にして、SD cardは32Mbにして起動すればOKです


これで下準備はだいたいおわりましたっ
最後まで書いてから見返すと、不親切な部分が多いですね^^
スクショとかとっておけばもっとわかりやすくなったかな、ごめんなさい


最後の方になるにつれて雑さが滲み出てきてますね・・
今度時間があれば新しく書き直します


次の日は実際にアプリを起動してみます
スポンサーサイト

開発のための決心@Day1

一昨日、life is techのiPhoneアプリ開発体験に参加してきました
ギリギリ高校生ということで最初で最後の体験になってしまいました
リピーターOKとのことだったので、次回から参加できないのがすごく残念です
まあ、それだけ自分にとって革新的な体験だったわけです


Macを使い、Xcodeというソフトを使いながら開発の初歩的な部分を学ぶことができました
中高生向けだったので、自分には簡単すぎるかなとも思ったんですが、
プログラミングを書くところまで体験でき、高校3年生にも満足できる内容でした


講師の方やメンターの方に、同じ大学の先輩やOBの方が何人かいて、驚きでした
連絡先の交換まではしなかったのですが、いろいろとおな話させていただいていい出会いでした


ということで、がっつり重たい記事になってしまいました;;


つまりは、アプリ開発楽しそうだなって思って、趣味でやってみようと決心しましたということです(笑)


ただ、iPhoneのアプリ開発にはどうしてもMacがいるみたいで、
もってないものはしょーがないということで、androidのアプリ開発をしてみます


そんなんで次の記事は、androidアプリ開発のための下準備をメモしたいと思います


ちなみに冒頭のlife is techのHPです
http://life-is-tech.com/

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。